本文へ移動

協同組合WORKS JAPAN

協同組合WORKS JAPAN

外国人技能実習制度とは、国際貢献のため、開発途上国等の外国人を日本で一定期間受入れる制度です。OJTを通じて日本の技能、技術又は知識の移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人」づくりに協力することを目的としています。

2023年末時点で、技能実習生の数は40万人を超え、外国人労働者約200万人のうち20%を占めています。

今後も日本で活躍する外国人労働者が増えていくことが見込まれる中、協同組合WORKS JAPANでは教育の更なる改善や徹底したサポート体制を職員全員で作り上げ、企業様や実習生が安心して活躍できるよう誠心誠意努めてまいります。

技能実習までの流れ

2024年
06月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
0
0
5
2
9
2
3
1
TOPへ戻る